沖縄県立普天間高等学校

学校の概要

▼校訓

「 質 実 剛 健 」

飾りけがなくまじめで、たくましく、しっかりしていること(さま)

「 進 取 創 造 」

進んで新しいことに取り組み、時代を切り開くこと

▼校章

 戦争で灰じんに帰した郷土を再建し、平和な道を歩むには


 「一にもペン(教育)、二にもペン(学問)が大切だ」


 ということを表している。

   (制定 昭和23年6月)

▼校歌

一,千代にかしこき名を伝う
   宮居ゆかしきうまし野や
   仰ぐ聖の松並木
   さやけき風の鳴るところ
   ああ正大の気を負いて
   わが学舎は聳えた  

 二,われら三年の春秋を
   清き誓いをかわしつつ
   若き学徒の誇りもて
   学びの道にいそしめば
   ああ爛漫と咲き誇る
   青春の夢幸多し

 三,古りし歴史を辿り来て
   真の道を探るとき
   わが双肩に民族の
   重き使命を担いては
   ああ澎湃とおし寄する
   熱き血潮のなからめや

 四,いざ起て友よ永劫の
   叡智の星を仰ぎつつ
   雄々しき歩調たゆみなく
   真理の道をゆく彼方
   ああ玲瓏と照映ゆる
   理想の峰に栄えあれ