沖縄県立普天間高等学校

台風時の対応

◆台風時の対応

<生徒用>

1 臨時休業について

暴風警報または特別警報が沖縄本島の中南部地域に発令されたときは、臨時休業にします。

※暴風雨警報または特別警報が発令されているかどうかの情報は、各自、テレビ、ラジオの報道等により入手します。

2 授業再開について

暴風警報または特別警報の解除が7時までに行われ、休校のテロップが流れていない場合通常通り授業を行います。

暴風警報または特別警報の解除が正午までに行われた場合、2時より午後の授業を行います。

暴風警報または特別警報の解除が正午以降に行われた場合、引き続き休校にします。

※台風接近時は、テレビやラジオで臨時休業等の情報を得るよう各自努めます。

「警報解除に伴う登校」については、放映・放送の有無にかかわらず、上記の時間までに登校します。

3 遅刻や欠席の取り扱いについて

原則として授業再開時間に間に合わなかった生徒は遅刻、再開された授業を受けなかった生徒は欠席とします。

通学区域内の状況、たとえば河川の氾濫、道路冠水、土砂崩れ、道路決壊等によって、登校が困難であった生徒に

ついては、その状況の程度等を考慮して、遅刻や欠席を取り消すかどうか判断して決定します。

<職員用>

1 職員の責務

職員は、暴風警報または特別警報が発令された場合であっても、ただちに特別休暇が付与されるというものではないことに留意する。

2 業務停止について

暴風警報または特別警報が発令され

(1)当該区域が3時間以内に暴風域に入ることが予想される旨、テレビやラジオ等の報道がなされ、

かつ

(2)当該区域において、バスの運行が停止することが明らかなとき、

校長から特に勤務を命じられた職員以外は、業務停止とする。

3 業務再開について

(1)当該区域が暴風圏外となり、または特別警報が解除され、かつ

(2)当該区域において、バスの運行が再開されたとき、職員は出勤する。

ただし、業務の再開時間が14時05分以降になる場合には、出勤せずとも良い。

4 特別休暇について

校長が業務の停止措置をした場合、特に勤務を命じられた職員以外の職員は、

特別休暇の手続きをとるものとする。出勤した場合でも同様とする。

新着情報&お知らせ

吹奏楽部楽器贈呈式の様子をUPしました。

新三役表敬の様子をUPしました。

行事予定表に平成30年度7月の行事予定表をUPしました。

証明書発行願いを左記のカテゴリ→証明書関係にUPしました。

高校生のための文化講演会の様子をUPしました。

各種資料→シラバスを掲載しました。

行事予定表に平成30年度6月の行事予定表をUPしました。

各種資料→学校要覧UPしました。

中部ガス野球部から硬式野球ボールの寄贈があり、その様子を掲載しました。

各種資料→学校評価および学校評議員会についてを更新しました。

各種資料→年間行事計画に平成30年度行事計画をUPしました。

平成29年度第70期生の進路状況についてを掲載しました。

登下校時送迎についてのお願い(依頼)が掲示されました。ご協力お願い申し上げます。(依頼文学校付近の図の確認をお願いします。

高校入試に平成30年度入学者選抜募集要項・推薦及び一般入試の合否判定基準をUPしました。

台風8号襲来に関するお知らせ

台風8号襲来に関するお知らせ

平成30年7月6日現在

①月曜日の早朝講座は、休校でない限り行います。

月曜日が休校になった場合、火曜日は月の時間割です。

 月・火曜日が休校になった場合、水曜日は月の時間割です。

 ※その際は、早朝講座は月の講座です。

③休校になった際の対応は、先週確認した通りです。

暴風警報発令中は、休校。

暴風警報が正午までに解除されたら、2時までに登校。

暴風警報が午前7時までに解除されたら、通常通り登校。

④学校への問い合わせの電話は、ご遠慮下さい。

 問い合わせの電話が殺到すると、回線がパンクします。緊急を要する重要な電話連絡が入る場合も想定されますので、回線を空けるよう協力してください。

7月2日

暴風警報が解除になりました。

本日は、2時までに登校してください。

吹奏楽部楽器贈呈式

平成30年6月22日(金)、本校31期生で、ソラシド不動産代表の中村全志(まさし)様より、吹奏楽部に楽器の贈呈がありました。
中村様は、以前より本校吹奏楽部に対しては、定期演奏会プログラムの広告等で応援して下さっておりますが、今年度赴任した吹奏楽部顧問の金城圭子先生(音楽科)と同期生ということもあって、今回改めて、楽器シロフォンとマレット6組を贈呈して下さいました。
中村様自身も、高校時代は吹奏楽部に所属していたこともあるということで、「気持ちをひとつにして仲間を信じて演奏すること」「対話から調和が生まれ、美しいハーモニーを作る」と吹奏楽部部員に暖かい激励の言葉も下さいました。
顧問・部員一同、きたる7月24日(火)の第58回沖縄県吹奏楽コンクールに向けて全力で頑張っていきたいと思いを新たにしました。

新三役表敬

 去る平成30年6月11日(月)に行われた、平成30年度普天間高等学校同窓会代議員会にて選出された同窓会の新役員による校長表敬訪問が6月25日(月)にありました。
 訪問したのは、川上会長(19期)、崎原副会長(19期)、宮城副会長(20期)、與那嶺事務局長(24期)の4人です。
 普天間高等学校同窓会は、会員の友情を温め向上発展をはかることと、母校の隆盛をはかることを目的としており、今回の表敬では、新役員の挨拶と、学校の現状報告や生徒の活躍状況、そして母校への支援等、活発な意見交換が行われました。
 昨年度の創立70周年記念も無事終えて、同窓生の力強いバックアップの下、生徒、職員ともども、新たな伝統を刻んでいきたいと思います。

写真説明:左より久場校長、川上会長(19期)、崎原副会長(19期)、宮城副会長(20期)、與那嶺事務局長(24期)

アーカイブ