沖縄県立普天間高等学校

創立70周年記念講演・式典・祝賀会について

平成29年11月吉日

関係者各位

創立70周年記念講演・式典・祝賀会のお礼

 晩秋の候、皆様におかれましては、益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。平素より本校の教育活動に対しまして、多大なるご理解とご支援を賜り、心より感謝申し上げます。

 さて、去る11月18日(土)に、本校創立70周年記念講演・式典・祝賀会を挙行し、無事に終えることができました。前半の記念講演では、「下町ロケット」のモデルとして有名な植松電機の植松努氏をお招きし、「思うは招く~夢があれば何でもできる~」の演題でご講演をいただきました。氏の熱いメッセージに、多くの方々から感動の声が寄せられました。次の式典では、歴代の校長・PTA会長・同窓会長13名の方々に感謝状を贈呈し、本校へのご功績に対する謝意を表しました。さらに期成会からは、記念事業の経過報告とともに、記念品として「マイクロバス、製氷機、楽器」の目録贈呈がありました。大切に使わせていただきます。

 後半の祝賀会では、同窓生と在校生による華やかな余興の中、教育功労者4名、高額寄付者28名の方々へ感謝状贈呈を行いました。本席には、多くの来賓並びに同窓・保護者の皆様のご出席を賜りました。重ねて感謝申し上げます。

 この度の創立70周年記念事業が成功したのは、ひとえに同窓・地域・保護者の皆様によるご支持・ご支援のお陰であり、今後とも本校教育活動の充実・発展に向けてご指導・ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 結びに、皆様の益々のご健勝・ご活躍を祈念申し上げ、略儀ながら書面にてお礼とさせていただきます。

沖縄県立 普天間高等学校

 校 長 久場 政彦